中禅寺湖・レイクトラウト遠征!<その1>
中禅寺湖の解禁から4日目。
仕事の都合もあり解禁日には間に合わなかったものの、北海道から遠征しての釣行である。

朝5時に渡船して対岸へ。
初日は早朝から暖かく、解禁日から出遅れてのスタートとはいえ良い釣りができるのではと期待していた。
だが現実は厳しく、散々叩かれた後はやはりなかなか反応してはくれない。
しかも山上湖の天気は変わりやすく、朝の暖かさが嘘のように急激に冷え込んでしまったのである。

始めは18gのスプーンを使い、素早くボトムまでフォールさせてスプーンを踊らせることしか考えていなかった。しかし再考してみれば18gではどうしても重量感のある動きになってしまうため、スレたトラウトを反応させることは難しい。
そこで、フォールは遅いがボトムでは綺麗に踊るギリギリのウェイトを使うことにした。果たして読みは当たり、ウェイトを替えてすぐにバイトが!
ピックアップ寸前まで追ってくるレイクトラウトや、ボトムでズシリと重い良型のトラウトも掛けた。やはりスプーンを軽くしたことが功を奏したのだろう。同時に、HMの擦れ強度にも感心することになった。
角のある岩が多い中禅寺湖でボトムから良型のレイクトラウトを何本も引っ張り上げる時には、水中では岩に擦れながらファイトしているはず。それでもラインブレイクは無かった。擦れに強いサンヨーナイロンのラインだからこそ出来ることであって、普通ならこの状況でラインブレイクは避けられない。

寒さで手は冷え、かじかんだ状態でラインのチェックや交換はしたくないものだろう。
中禅寺湖のようなフィールドでは、ライン選びがとくに大切。しっかりとしたライン選びをしてほしい。

<タックルデータ>
ライン:サンヨーナイロン HM 12ポンド
ロッド:シマノ ワールドシャウラ 21053R-3
リール:シマノ ステラ4000XG
ルアー:ノーザンライツ GRID 12g、GRIDシェル12g、ノーザンバイト11g

・・・その2へ続く・・・



K.Kasuga @Northern Lights
 
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ENTRY(最近の5件)
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
LINK
おすすめBLOG
 
MOBILE
qrcode
当サイトのリンクについて
・当サイトをリンクしていただく際のご連絡は不要です。
・直リンクはご遠慮ください。

・必要な場合は以下のバナーをご使用ください。
88×31
120×40
120×40 GIF

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.